成形カッティング|彫刻刃型 彫刻トムソン型 精密トムソン型(ビク型) 自動排出型 抜型 抜き型 精密な刃型 山形 山形市 高橋型精

高橋型精の特徴

経済産業省『元気なモノ作り300社』に選出いただきました!!

株式会社 高橋型精 オフィシャルブログ

山形のデザインギフト『aGarey(アガレイ)』

オリジナルカッティング(立体成形カッティング)
トップページ >オリジナルカッティング >立体成形カッティング

立体成形カッティング【国内特許申請中】

【立体成形カッティング】不織布などの材料に対して『外形切断』と『立体的成形』を同時に行う新しい加工法

立体成形カッティングの特長

1.立体成形と切断を1ショット加工
成形と同時に穴や外形切断を1工程で行うため、効率が良く高い量産性が期待できます。
2.素材や厚みの違う(素材の)組み合わせが可能
異なる素材や厚みの違う素材などを、任意に組み合わせることができます。
例えば、上下2枚には硬い材質を使用し中央部には柔らかい材料など、製品に合わせて作成することができます。
3.成形する形状、加工後の厚みを任意に設定することができる
製品形状の両サイドのみを成形して、中央部は柔らかいまま残すなど、製品の形状・機能に合わせた厚みに加工することができます。
テスト加工等のご相談について、お気軽にご連絡ください!

お問い合わせはこちら